歯が着色しやすい人の特徴について

歯が着色しやすい人の特徴について

 

着色の程度は人によって大きな「差」がある

世の中には、歯が「着色しやすい人」と「着色しにくい人」がいることを知っていましたか?

 

たとえば、着色の原因の1つでもあるワイン

 

ワインにはタンニンというポリフェノールの一種が含まれており、これが歯に茶色や赤っぽい色をつけてしまう元になります。

 

そして、ワインを同じ時間に同じ量を飲んでも、人によって着色の程度に差がある場合があるのです。

 

ではその差はなぜ生まれるのでしょうか。

 

ここでは着色しやすい人の特徴を3つ紹介します。

 

歯が着色しやすい人の特徴 3つ

歯磨きの仕方が正しくない

毎日丁寧にブラッシングをしているのに着色しやすい人は、そもそも歯磨きの仕方が間違っている可能性があります。

 

陥りがちなミスが、汚れを落とそうとしてゴシゴシと強く磨いてしまうことです。

 

確かに一時的には汚れは落ちますが、歯の表面を傷つけてしまっているため、食べカスや歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊が溜まりやすくもなっています。

 

当然、これらも歯の汚れや着色の元になります。

 

食生活が偏りがちである

着色しやすい食べ物・飲み物をたくさん摂っている人は、当然、人よりも歯が着色しやすくなります。着色しやすい飲食物をいくつか挙げてみます。

 

・赤ワイン
・お茶(茶渋)
・ソース
・ケチャップ
・醤油
・ブルーベリー
・サクランボ
・派手な色付きのガムや飴

 

舌に色がつきやすい飲食物は歯にも着色するという知識も参考に持っておくといいでしょう。

 

生活習慣が不規則である

歯の健康と生活習慣が密接に関係していることは、厚生労働省が提供する情報サイト「e-ヘルスネット」からもしっかりと説明されています。

 

たとえば、暴飲暴食、ストレス、睡眠不足、喫煙、といった生活習慣は血液循環を悪くしたり唾液分泌を減少させたりと、様々な健康被害を引き起こすことがわかっています。

 

歯の着色も例外ではありません。不規則な生活習慣によって生じる、水分の少ないネバネバの唾液は、色素や細菌を歯につきやすくする原因となります。

 

「人よりも歯が汚れやすい気がする…」という悩みを持っている人は、これらの特徴に当てはまっていないかどうかチェックしてみてください。

 

黄ばみを寄せ付けない・着色しにくい歯を目指したい方へ

「言いたいことはなんとなくわかるけど、こんなの全部改善するなんて無理だよ…」

 

そう思う方、いるんじゃないでしょうか。

 

そういった場合、一番お手軽な方法としてはホワイトニング歯磨き粉やジェルを使うのが良いでしょう。

 

とくに、最近のだと

 

■研磨剤不使用
■天然成分によるホワイトニングで安全性◎
■黄ばみ予防もバッチリ

 

といったものが増えています。

 

中でも最近人気が高くなっているのが『プレミアムブラントゥース』っていうホワイトニング歯磨きジェルです。

 

上の3点を満たしていて、世界5カ国で売上1位の人気の商品です!

 

「努力しているのに歯の黄ばみがどうにもなくならない…」
「歯を白くしたいけど美容歯科(オフィスホワイトニング)へ通うのはちょっと…」
「もうどうすればいいのかわからない…」

 

と、悩んでいる方は、一度プレミアムブラントゥースを検討してみてはいかがでしょうか。

 

>>プレミアムブラントゥースの個人的口コミ 効果はどうなのか